Return to site

ダメージを受けた爪はジェルの持ちが悪い?

二子玉川 爪にやさしい大人のためのネイルサロン APRIL

· ネイルの豆知識

これは、APRILが開店した当初からずっとなのですが、他店様でジェル

をされていたお客様がご来店くださると、ほとんどのお客様の爪は

薄くペラペラになっています。

恐らく、ジェルを塗る前にかなり粗いヤスリで表面を毎回削られて

しまったか、もしくはオフを無理にしていたのだと思います💦

 

サロンとしては「ジェルがすぐに取れた」というクレームを最も避けたいが

ために、自爪が痛むことよりも、ジェルの定着をとにかく良くする

ために爪の表面に傷をつけるところも少なくないのが現状です。

また、低価格のサロンがどんどん増え、価格競争の波に飲まれて

しまったサロンは、回転率を上げるためにスピード重視になっているので、

オフを安全にという考えよりも「速く」が先に立ってしまうので、

余計に削ったり、まだジェルが溶解していないのに無理やり剥ぐことを

してしまっているようです(涙)

すると、お客様の爪はどんどん薄くなり、ジェルはペラペラの

軟らかい爪の動きにはついていけず、取れやすいので、

それを回避するためにまた

傷つける

厚盛りをする

オフしずらいので無理に剥ぐ

の悪循環を続けるのでしょう。

そして、どうにもならなくなると、

「しばらくジェルはお休みしましょう」

などと言うサロンも多いと聞きます。

ジェルネイルは、正しくつけて、正しくオフができていれば、決して

爪を傷めるようなものではありません!!

14年やってきた経験上、自信を持ってそう言えます♡

ただ、先ほども触れたように、一度ダメージを受けてしまった爪は、

正しくつけたジェルでも持ちは悪くなります。

でも、そこで諦めず、爪を健康な状態に戻すにはどうしたら良いか、

ぜひ信頼できるネイリストに相談してみてください。

知識と経験を持ったネイリストであれば、必ず健康な爪を取り戻して

ジェルネイルを楽しめるようにしてくれるはずです☆
 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly